貧血になりやすい人は飲むお茶を変えた方がいい

お茶を飲むと貧血になるの?

お茶を飲むと貧血になりやすくなります。『なんで…?』と思ったのではないでしょうか。私は、まさかお茶で貧血になるなんて思ってもなかったので、正直驚きました(笑)

貧血になりやすくなってしまうお茶。一体なぜ貧血になるのか?これは、お茶に含まれる『タンニン』という成分が含まれており、タンニンはダイエットやがん予防などなど、これ以外にも多彩な効能を持つわけですが、体の中の『鉄』と仲が良いので、くっ付いてしまいます。こおなることで、鉄は吸収されることなく、体から出て行ってしまうため鉄不足となるので、貧血の中でも『貧鉄欠乏性貧血』となってしまうのです。

しかし、お茶を飲んで貧血になるのはタンニンが含まれているからということを知っておけば、お茶の中でもタンニンを含まず、貧血を誘発しないものもありますので、頭の片隅にでも置いておくと良いでしょう。

ほうじ茶は貧血になるの?

ほうじ茶は貧血になりにくいお茶となっています。なりにくいというのは、肝臓や腎臓の働きが悪くなっている方は少量のタンニンでも貧血などになってしまうため『なりにくい』と言わせていただきました。

『なぜほうじ茶は貧血にならないの…?』

上記でも言いましたが、簡単に言うとタンニンが含まれていなければ貧血になりません。ほうじ茶の製法は番茶に200℃程度の熱で茶葉を炒ったものになるなのでタンニンはこの熱によってなくなります。そのため、ほうじ茶は貧血になりにくいお茶となっています。

新茶や番茶はどうなの…?

新茶も番茶も摘みとらえる時期が違うだけで、同じ茶葉なのでタンニンを豊富に含んでいます。そのため、貧血になりやすいお茶といえます。

また、上記で解説した通り、ほうじ茶は貧血になりにくいですが、それ以外の茶葉から淹れるお茶は、全て熱が加えられていないので貧血になりやすいお茶だと思ってもらってOKです!そのため、貧血になりにくいお茶は以下のようになると思います。

・ほうじ茶
・麦茶
・烏龍茶
以上のお茶は比較的タンニンの含有が少ないので、貧血の方や妊婦の方、高齢の方などは新茶や番茶などの緑茶を控え上記のお茶を飲むようにすると良いでしょう。