カフェインを摂取すると良くない人ってどんな人?

他のお茶に比べて少ない!!!

他のページでも解説しているかと思いますが、ほうじ茶は緑茶の一種である番茶や茶葉を次の年のために整えるためにでた大きめの茶葉を200℃程度で加熱して作られるお茶です。先ほど言ったようにある程度加熱しているため、カフェインは熱によってなくなってしまいます。そのため、他のお茶よりカフェインはあまり含まれていません。 含有量がどれくらい含まれていないのかを比較するために、他のお茶との含有量を以下に示しますのでご覧になってください!

〈カフェイン含有量>

ほうじ茶0.01%
コーヒー0.04%
紅茶0.05%
ウーロン茶0.02%
玉露0.16%
番茶0.01%
煎茶0.02%

他にもこんなものにも含まれています

・ コーラ
・ ココア
・ チョコレート
・栄養ドリンク
・一部の医薬品

以上の通り、他に比べて明らかに少ないことが分かったと思います。カフェインの含有量が少ないと何がいいのか?どのような人に特にオススメなのか?これについて以下で解説していきます。

ほうじ茶はどんな人にオススメ?

カフェインの含有が少ないほうじ茶。そんなほうじ茶は妊婦または女性やご年配の方や赤ちゃん・小さいお子さんにとてもオススメです。それはカフェインが持つ、『興奮作用や利尿作用』や妊婦の方でいえば胎児にカフェインが移行してしまうと生まれてくる胎児に悪影響を与えてしまうため上記のようなカフェインをあまり摂取しない方に特にオススメです。

しかし、なんで上記のような人にはあまりカフェインを摂取しない方がいいのか。またなぜオススメなのか?それはカフェインが上記に示した方に悪影響が出るためだとなんとなくわかると思いますが、なんでだめなのか?わたしのように良くないのは分かるけど、気になってしまう方もみえると思いますので、以下で簡単にですが解説しようと覆います。

・お子さんorご年配の方
カフェインには興奮作用や利尿作用があるため、夜に飲んだり常時飲んでいると、寝つきが悪くなったりおねしょなどを引き起こす可能性が考えられます。

・妊婦の方
妊婦の方にはもちろんお腹に胎児がいるため、胎児の健康を考えると摂取を控えるべきですし、控えるべきですが、他にもあります。それは、妊娠しているときは、胎児を成長させるために大量のカルシウムを送っているため、貧血気味になります。そのため、カルシウムが少ない状態が毎日続いている中、カフェインを摂取してしまうと、カフェインはカルシウムを体の外に捨てる作用があるので、母体の貧血を加速させてしまったり、胎児に送るカルシウム量が減ってしまうので発育が障害されてしまうので、胎児のためにも自分のためにも摂取を控えるべきでしょう。