美味しいほうじ茶の入れ方をご紹介

おいしいほうじ茶の入れ方(一人分)

《用意する物》

・ほうじ茶の茶葉…1,5g
・95~100℃の白湯…75~100cc
・急須、湯飲み

《入れ方》

① 茶葉を急須に入れる。(大体スプーン3杯分)
② 沸騰し、少し冷ました白湯か、ポットの設定を95~100℃にした白湯を直接急須へ入れ蓋をする。

※直接お湯を急須に入れることで香りを十分に引き立たせることができるため、必ず急須へ入れるようにしましょう。また、ほうじ茶は緑茶や番茶に比べて旨みや渋みが強く出ないので高温で入れることで香り高いお茶となるので、できるだけ高温で入れることをオススメします。

③ 20~30秒(浸出時間)放置する。 茶葉が開いていて直ぐが最適な浸出時間となっているので、茶葉が開いていることを確認してください。長くなればなるほど苦くなるので最適な時間で入れるようにすると飲み易いほうじ茶を入れることができますよ^^

中見出し [H2](※必要に応じて使用)

④ 廻しながら湯飲みに注ぐ。
湯飲み①→湯飲み②→湯飲み③→湯飲み①……のように少量ずつ廻し入れる。 ※一回で湯飲みに並々に入れてしまうと、最初と最後のお茶に味や濃さに違いが出てしまうので少量ずつ入れていくことで味や濃さが均一になります。また、最後の一滴を入れずに捨ててしまうという方がよくいますが、これは全部廻しながら注ぐことで、味や濃さが均一になります。また、最後の一滴を捨ててしまうという方がよくいますが、これは相当勿体ないです。最後の方になればなるほど、味が凝縮しているので捨てずに入れるようにしましょう。

⑤ほうじ茶の茶葉は、2回入れるとお茶の旨みや成分は出きってしまうので3回目は同じ茶葉で入れるのではなく、新しい物に取り換えましょう。 ほうじ茶の入れ方の手順は上記で以上になります。また、上記の通りに行えば香り高く美味しいほうじ茶を淹れることができますので、ぜひ試してみてください。また、ほうじ茶の茶葉をやかんで2~3分煮出し、上記の④から同様に淹れるてもおいしくできますので、お好きな方で淹れてみてください。

もちろん茶葉から淹れ、淹れたてのほうじ茶が一番おいしいのですが、手間を考えるとティーパックから淹れる方もお見えだと思います。この場合は夜間と同じように、やかんで2~3分煮出し、淹れ方の④から以下同様に淹れるといつもとは違うほうじ茶となるでしょう。